「ボードゲーム」に関する項目

8月ボ会の反省会

2008 年 8月 24 日 日曜日

ボ会が終わったあとは、毎回任意参加の反省会がある。反省会というのは、飲み会的な雰囲気の中、各自今日のプレイを振り返り、至らなかった部分を省みて次回のゲームプレイやひいては今後の人生に生かしていこうとする会である。ただの飲み会じゃないかという意見もあるが、そういう会なのである。

というわけで今回もみんなで反省をした。

反省会で一番盛り上がるのは人狼の話だ。アイツはよかった、アイツは駄目だった、アイツのせいで、アイツのおかげで、と、様々な意見が出ておもしろい。

ボ会も楽しいが、この反省会も楽しくてしょうがない。

8月ボ会を開催した

2008 年 8月 23 日 土曜日

 今年から月イチで開催しているボードゲーム会「ボ会」も8回目を迎えた。人が人を呼び、今回は32人が参加。結論から言うと、今回もすごく盛り上がりましたよっと。

 しかしながら、ここまで増えると人をさばくのがなかなか大変で、僕は実はほとんどゲームに参加できなかったというか、してなかった。それぞれの卓を見て回ってることが多かったんだけど、それでもぜんぜん超楽しかったし、超満足できて、おお、やっぱ自分はゲームが行われてる場の雰囲気自体が好きなんだぜ、と確認。昔っから人がゲームやってんの見てるのが好きなんだよな。友達とかと新しいゲームをプレイするときは、友達がやってんの見ながら横で説明書読んでるのが好きだ。

 「乗車券」
 ボ会ではすっかり「神様」という呼び名が定着してしまった中多さんプレゼンツ。日本語版「チケットトゥライド」もバンダイから発売されるなどボードゲーム好きの間では相当有名な作品だけど、ライトゲーマーが多いボ会ではほとんどの人が未プレイ。だが、反省会でも「乗車券がおもしろかった」という声があちこちで聞かれるほど好感触だった。ゲームがうまくてボ会では妬まれているjunichiro氏がボロ負けしていたのも印象的

 「アンダーカバー2」
 やったことないけど、やたらおもしろそう。今度やらせてもらおう。

 「クレオパトラと建築家」
 尋常じゃなくコンポーネントが豪華ですさまじかった。盤の上にピラミッドやらスフィンクスやらでかい柱やらがゴンゴン建ってた。内容はよくわからんかったが、迫力だけは感じた。

 「ストーンエイジ」
 石器時代の集落を育てていくゲーム。最近好きなゲームの一つ。やっぱりおもしろい。

 「イントリーゲ」
 これをプレイしてる卓からよく歓声がわきあがってて、みんなの注目を集めていたゲーム。なにやら交渉系のゲームらしい。

 「ウィナーズサークル」
 馬レースゲーらしい。komeさん超イチオシ作品。テーマと見た目がおもしろい!

 えーと写真は撮ってたけどこれはなんてゲームだろう。

 「カタン」
 ボ会では毎回1回はプレイされてるな。静かに盛り上がってました。

 拡張パックで6人プレイも。こうして見ると迫力あるな。

 「お邪魔者」
 このゲーム好きな人がボ会にはかなりたくさんいて、毎回相当盛り上がってる印象。プレイ時間も短く、時間調整でもよく遊ばれてます。

 「モノポリー」
 鉄板のひとつ。絶対やってる卓があるなー。もう飽きたなと思ってもプレイすると毎回ちゃんと楽しいところがすごい。

 他にもたくさんプレイされてたけど、写真撮れてたのだけ紹介した。僕はボードゲームが好きなだけで全然詳しくないんで、もう知らないゲームばかりだ。今度はちゃんとプレイさせてもらおう。

 あと、今回は僕の誕生日間近ということで、なんとケーキをいただいた。

 嬉しくてどんな顔をしていいのかわからなかった!ありがとうございました!

 そうそう、最後に定番の「人狼」もプレイした。30人超えるとちと人数的にきついんで、2つの村に分けてやるというルールでプレイ。村から村への移籍もできたりする。初めてやってみたけど意外にイケる印象。ルールがごまかしごまかしだったのはご愛嬌!

7月ボ会を開催しました

2008 年 7月 26 日 土曜日

 今年から毎月1度開催しているボードゲーム会「ボ会」を、今月も26日土曜日に開催した。

 会を重ねるごとに、ありがたいことに順調に参加人数が増えている。今回は前回の21人を上回る23人が参加してくれた。うち初参加は7人。

 毎回よくもこんなにおもしろいメンバーが参加してくれると思う。参加者全員にとってどうかは自信がないけど、僕にとっては本当に嬉しいし、楽しい。かなりいいコミュニティになってきた感じがしてる。参加してくださったみなさん、本当にどうもありがとうございました!

 さて、はじめは数人で1つのテーブルではじめたボ会も、参加者が20人を超えてくるともう僕がすべてのテーブルを仕切ることはできない。前回は4卓にひとりずつ「テーブルマスター」を置いて1卓ずつ仕切ってもらっていたのだが、それだとテーブルマスターは自分のプレイしたことのないゲームをプレイする機会がなくなってしまう問題があった。
 幸いにしてボードゲーム所持者が増えてきたこともあり、今回は7人のテーブルマスターに全体に散らばってもらいゆるやかに各テーブルを取り仕切ってもらうことにした。

 今回、各テーブルでプレイされたゲームは以下。

A卓
・キャッシュ&ガンズ
・ダイアモンド
・スコットランドヤード

B卓
・マンマミーア
・モダンアート
・ニムト

C卓
・フォーセール
・カルカソンヌ
・ビッグポイント

D卓
・パウワウ
・悪魔城への馬車
・キャッシュ&ガンズ

 なかなかバリエーション豊かな感じになった。

 僕が今回紹介したゲームは「キャッシュアンドガンズ」。

 ギャングが金を奪い合うゲーム。全員が拳銃を手にし、分配のテーブルから外したいギャングにそれを突きつける。実際に拳銃のモデルがセットに含まれているのが楽しい、パーティブラフゲームである。
 そこまでの奥深さはないが、キャッチーで雰囲気重視ないい意味でのバカゲーム。ボ会にはけっこうマッチしたように思う。
 気付いてみたら今回はこのゲームしかマスターやってない!
キャッシュ&ガンズ
キャッシュ&ガンズ
Asmodee

 時間が空いたときに他のテーブルを見に行っていたが、各テーブルそれぞれに盛り上がっていた。

 パウワウ(写真の顔はてきとうにぼかした)。インディアンポーカー?みたいに頭にカードをつけて自分は見えないが他人からは見える状況になっている。僕は未プレイなので詳細はわからないけど、頭にハチマキみたいなものを巻いている様子が80年代の男性アイドルっぽくて楽しそうだった。
パウワウ
パウワウ
Ravensburger

 スコットランドヤード。定番の名作ゲームもボ会ではまだやったことのない人がたくさんいて、プレイ慣れしているゲームでも新鮮に楽しめる感じがする。
 ロンドンの街に潜む一人のミスターXを、他のプレイヤー全員で協力し、見つけ出す。見事逃げ切ればミスターXの勝利となる。今回は2プレイして両方ともミスターXは捕まってしまったらしい。見てたらすごくやりたくなった。
Ravensburger スコットランドヤード
Ravensburger スコットランドヤード
河田

 カルカソンヌ。これも有名な名作。カルカソンヌ大好きなmizzusanoが紹介してた。毎ターン地形タイルを配置しながら、的確な場所に配下を置き、より広い領土を得ることを目指す。
 はじめての人が多いと説明が若干長めになるけど、ルールも一度理解してしまえばすんなり入れるし、すごくおもしろいゲーム。2人でプレイしても楽しめる良品。
カルカソンヌ
カルカソンヌ
Hans im Glueck

 他のゲームも盛り上がってた。ダイヤモンドが一番歓声があがってたなあ。楽しそうだった。
 ダイヤモンドは本当に誰でも盛り上がれるすごいゲーム。実家でやらせたら母親がハマったという報告もアリ。僕は好きなゲームベスト3に入れたいぐらいの作品。
ダイヤモンド
ダイヤモンド
Schmidt

 今回僕は、自分の紹介した以外のゲームでは「悪魔城への馬車」をプレイ。
自分を含め参加者全員が2つのチームのどちらかに所属しているが、最初は誰がどちらのチームなのか分からない。投票による対決を重ね、各プレイヤーの正体を暴いていき、先にチームで勝利ポイントを獲得できると勝利となる。様々な特殊能力を持つアイテムを使ったりと、ややゲーマー向けな印象だったが、プレイしてみると相手チームとの対決が熱く、味方との連帯感が高まるゲームだった。おもしろかった。

 最後は定番の「人狼」を全員でプレイ。シンプルな「ミラーズホロウの狼人間」と、職業が多い「タブラ村の狼」を1度ずつプレイ。
 はじめの昼からいきなり人狼の大橋が「僕、占い師なんですよ」宣言をし、皆がそれに踊らされてしまうという驚愕の展開。終わったあともなぜ大橋が死ななかったのか全員が首をかしげていたが、おおっぴらに嘘をつく人間よりも黙っている人が殺されていったような感じだった。それが人の心理なのか。

 そんなわけで、今回も無事終了。その後反省会と称した打ち上げにも18人が参加し、最後まで盛り上がった。反省会の後もさらに数人が残り、朝までボードゲームをプレイした。すげー満足した。

 前も書いた気がするけど最近つくづく思うのが、やはりゲームは一緒にやる人次第でどこまでもおもしろくなる。今ボ会に来ているメンバーとゲームをやるのは本当に鼻血が出るほど楽しい。今後もいいゲームをいいメンバーでプレイできる会を維持できるといいなあ。

【他の参加者の記事↓】(みんなもっと書いてよ!(´∀`)
always testing: ボ会(文月)
7月ボ会に行ってきた – the cycles of activity
7月ボ会かい。 – こめびつ。
7月のボ会に行ってきた – ある一SEの日々
【ボ会】(長文スマソ)- : : Cheri Web : :
7月ボ会に行ってきました| fjkktkys blog
Elementary, … モダンアート

6月ボ会を開催しました

2008 年 6月 28 日 土曜日

 ボードゲームがやりたいという欲求が抑えられなくなったので、今年に入ってから毎月1回、「みんなで集まってボードゲームをやる会」略して「ボ会」を開催しています。今月も28日土曜日13時から19時までという日程で、6月ボ会を開催しました。

 1月の時点ではたった5人の参加者しかいなかったボ会も、今回は過去最高の21人が参加。だんだん参加費の回収やドリンクの注文などが大変になってきた。また、ボ会では初対面の人も多いので参加者全員に名札を首から下げてもらうのだけど、そういう説明などもめんどうになってくる。今回はそのへんはすべてナヵジマ君に一任。すいません。お疲れ様でした。

 これだけの人数になると、だいたいのゲームが4〜6人プレイなので、常時4卓ほどが別々のゲームをやることになります。こうなるともう僕だけではどうにもならないので、各テーブルに1〜2人ずつボードゲームに詳しい人についてもらって、テーブルマスターとして仕切ってもらうことに。プレイするボードゲームも、各テーブルマスターが選んだものを持って来てもらっているので、今回も様々なゲームが集まりました。

 以下、プレイされたゲームの一覧。

A卓
・お邪魔者
・モノポリー
・チャオチャオ

B卓
・テーベの東

C卓
・Shit!
・アクワイア
・魔法にかかったみたい
・交易王

D卓
・ファミリービジネス
・勝利への道
・はげたかのえじき
・ワードバスケット

 僕はB卓で、今回は「テーベの東」というゲームを用意した。プレイヤー4人が考古学者となり、知識を仕入れて遺跡を掘りにいったり、展覧会を開いたり、学会に出たりしながら名声を高めていくという、なかなかロマン溢れるゲーム。

 幅広く知識を集め、複数の遺跡で幅広く重要な発掘を為した考古学者がいたり、一つの遺跡の知識だけを執拗に集め、ついにはその遺跡で発掘を大成功させたりする考古学者がいたりと、すごくドラマチックな展開になって楽しかった。
 僕はというと知識はそこそこ発掘はダメダメという落ちこぼれ考古学者ながら、ヨーロッパ各都市で何度も学会だけを行い名声を上げていくという、なんとも胡散臭いキャラクターになってしまった。そんなふうにいろんなキャラクターやストーリーができあがっていくのが、このゲームのいいところだと思う。

 最後の1時間は、毎回定番になった全員での「人狼」でシメ。毎回のことながら、やはりこのゲームは大盛り上がりですばらしい。
 今回は初参加の占い師が、残り3人の人狼のうち一人の正体を確定させ、残り2人の予想も完璧に的中させる神がかりぶりで、村人側の勝利。僕はゲームマスターとしての参加だったものの、占い師がカミングアウトして古畑任三郎のように次々と人狼を暴いていく様は、見ていて痛快でした。

 そんなわけで、6月ボ会も無事終了。いろんな人が集まってきて、コミュニティとしてもいい感じになってきた。今からもう7月ボ会が楽しみでしょうがない!

【他の参加者の記事↓】
楽しいボ会(2008年6月) – ブログが続かないわけ
6月のボードゲーム会 (ボ会) に行ってきた – Yet Another Hackadelic
ボ会 2008/6 – Elementary, …
ボ会に行ってきました – fjkktkys blog
ボ会? – always testing
6月のボ会に参加させていただいた! – the cycles of activity
6月ボ会 – こめびつ。
6月のボ会に行ってきた – ある一SEの日々

6月もボ会をやります

2008 年 6月 22 日 日曜日

 今年に入ってから毎月主催させていただいているボードゲーム会略して「ボ会」。今月も28日土曜日に新宿で行います。

 今回は、現在の参加予定人数がなんと22人。初めての20人越えで、ちゃんと仕切れるのかどうかかなり不安。でも超たのしみ。

 人が人を呼んで、おもしろい人が集まってきていて嬉しい。ボードゲームが好きな人同士で集まるのはメチャクチャ楽しいし、ボードゲームをあまり知らない人にこんなおもしろいものがあるというのを知ってもらうのも嬉しい。もっともっと人数が増えていけばいいと思う。