第一回ガッポイ選手権

gappoi

ガッポイというスポーツがある。

2対2で行われ、背後から「ガッポイ!」のかけ声とともに股間をわしづかむことができると得点となり、3分間でより多く得点したチームが勝利するという漢のスポーツである。得点するときに男のボールを使うことから「球技」に分類されるが、その激しさから「最も格闘技に近い球技」の異名を持つ。

そんなわけで、同僚の大橋が高校時代にサッカー部で流行らせたこのスポーツの第一回大会が3月22日に開催され、僕は審判として参加してきました。

一瞬でも油断すると背後に回られ得点を決められてしまうため、3分間ずっと動きっぱなし。レスリングのような姿勢で対峙する敵とにらみ合いながら、隙あらば得点を決めようと常にもう一方の敵の様子をうかがっている。

4匹の獣が時にじりじりと、時に烈火のごとき激しさで動き回る狭いコートはさながらロープのないリングのようです。日頃きびしい練習で鍛え抜いているプレイヤーたちですら、その激しさから試合時間が1分を超えるあたりから膝が笑い、焦点も定まらない。「最も格闘技に近い球技」の名はダテではありません。疲労がたまるにつれラフなプレイも増えていきます。

しかしガッポイはあくまで紳士のスポーツ。審判として、ファウルや消極的なプレイに対しては容赦なくPKを与えました。(ちなみにガッポイにおけるPKは、反則を犯した選手がひざを硬く閉じているのを相手の選手ひとりが前から力づくで開こうとし、膝が開いた瞬間に待ち構えているもう一方の選手が後ろからゴールを決めるというもの。10秒間耐えきればノーゴールになる)

今回は3チームのリーグ戦の結果、ガッポイ創始者である大橋とその弟タッグが洗練された得点能力を駆使し見事優勝。彼らの手にした優勝カップを狙い、これから全国の猛者たちがさらなる練習に励むことでしょう。

,

“第一回ガッポイ選手権”への1 件のコメント

  1. 佐々木ページ » ガッポイのプロモーション映像

    […] 先日行われたガッポイ選手権を受けて、創始者の大橋がガッポイのプロモーション映像を制作しました。 […]

コメントください