とりあえず目指してみるぐらいはしてみてもいい

 僕は今年29歳になる。来年になればもう30歳だ。このぐらいの歳になると人生の可能性が大きく狭まってきて、もうあの職業にはなれないだろうなとか、もうこれは一生できなさそうだ、みたいなものがたくさん見えてくる。

 僕は小学生の頃は医者か科学者になりたいと思っていた。でも、きっともうその道を目指すことはないだろう。というか、その道はそもそもちゃんと目指すことすらしてなかった。そりゃ実現するはずがない。

 目指すことすらされずにに諦められていく夢というのが、実はかなり多いんじゃないかと思う。目指していない夢は簡単に諦められるし、必死に目指した夢ほど諦められないはずだ。

 「どんな夢でも叶う」というのは間違いなく虚言だが、目指さない夢もまた間違いなく叶うことはない。せっかく一度しかない人生、何かやりたいことがあれば、とりあえず目指してみるぐらいはしてみてもいい気がした。

“とりあえず目指してみるぐらいはしてみてもいい”への3 件のコメント

  1. Paul_

    私も30後半にして仕事とまったく関係ない大学院に入ってみたり、40目前にしてWoWを始めて徹夜してみたり。
    「夢」というほど大きなものでなくとも、妙に自分に自信を持ってしまわず好奇心を持ち続けていれば、何才になったって何をやったってOKだと思います。

  2. arcadeshonen@hiraoka

    アツいですね!
    全ての人が、映画のように物語の冒頭で決定的な何かに出会えるわけではないと思うので、気づいたときこそスタートラインに立ってるのかな、と自分は思うようにしています。
    ちょっと違う話かもしれませんが、日本語学者の金田一秀穂さんが『好奇心は楽しく生きるためのバイタリティ』と言っていたのを思い出しました。
    好奇心に対していつまでもピュアでいたいものです。

  3. 佐々木

    お二人こそ、熱いですね〜!
    30前後って何かとあきらめがちになる年齢だと思うんですが、常に前を向いていたいですね。まだまだ道なき道に踏み込んで行きたいです。
    しかし、Paulさんの(主にWoWへの)情熱には感服させられます!僕も息子とMMO一緒にやるような父になりたいな。

コメントください