"しだるま" の言語センスに脱帽!

 よく電車の中吊り広告で「しだるま」という形容詞?を目にしてたんですよ。

 ”女子アナしだるま写真!”とか”しだるま発掘人妻劇場”みたいな感じで使われているし、言葉もなんだか卑猥な感じなので、そういう方向の言葉なんだろうけどいったいどんな意味なんだろう?と疑問に思ってたんです。ついに今日、その意味がわかりました。

 「まるだし」を逆さから読んだ言葉なんですね。

 これはすごい。同じ意味で使っていても、「しだるま」は「まるだし」に比べるとかなりエロスが増しているように感じられるし、言葉に出してみると、なんだか勢いのようなものまで感じさせます。さらに「まるだし」の感じさせる滑稽さを打ち消している!

 ほんのちょっとした変更なのに、エロな用途に向けてかなり適応させているな、と感じました。考えた人のセンスに脱帽です!

 んで、よくよく考えてみたら、きっと2ちゃんなんかではこういう言葉の進化って日常茶飯事で起きているんですよね。まとめサイトをいくつか巡回しているだけですが、どんどん言葉やその意味が変形していってる感じがします。以前は「w」は嘲笑的な意味合いだったのに、今は「(笑)」のほうが嘲笑っぽかったり。

 きっと僕が知らないだけで、「しだるま」のように優れた言葉がたくさんあるんでしょう。日本語が乱れてるとか言いますが、言語センスのある人には、どんどん新しい言葉を創出して欲しいなーと思います。

“"しだるま" の言語センスに脱帽!”への2 件のコメント

  1. 匿名

    なるほど。そういう意味だったのですね。
    しかしおっしゃる通り、語感からすると、さらにスゴイ感じがしますね。

  2. 佐々木

    最近またよく目にします>しだるま
    確証はないんですが、たぶんこういう意味だと思います。
    そして、意外に「しだるま」で検索してここに来る人が多くて驚いています!

コメントください