2008年 3月

らくがき

2008 年 3月 26 日 水曜日

はてなハイクより

怒るおっさん

2008 年 3月 26 日 水曜日

ボ会 with OGL

2008 年 3月 25 日 火曜日

 3月16日の日曜日に、知人からの依頼でヒューマンアカデミー横浜校でボ会を開いてきました。ボ会というのはボードゲーム会の略です。

 今回のボ会の主催は「OGL」という学生有志のサークルです。OGLは「オンライン・ゲーム・ラボ」の略で、その名のとおりオンラインゲームについての研究をしているようです。今回は春休みの課外授業的な位置づけみたいです。

 はじめは10人ちょいくらいかなーと思っていた人数も、ふたをあけたら24人?ぐらいの参加者。4卓同時進行でなかなかハードでしたが、なんとか好評のうちに終えることができました。

 今回プレイしたゲームは「カタン」「カルカソンヌ」「ヘックメック」「ブラフ」「お邪魔者」「ダイヤモンド」「ゲシェンク」「ミラーホロウの人狼」の計8つ。終了後にとったアンケートでは、「人狼」と「お邪魔者」が人気。シンプルに心理戦が楽しめたのがよかったみたい。あと、意外にヘックメックがコアゲーマーから好評を受けていたのが印象的でした。

 僕はこのなかでは比較的ルールが複雑な「カルカソンヌ」と「カタン」を中心にプレイしていました。「カルカソンヌ」はかなり久々にプレイしたんですが、あれ、こんなにおもしろかったっけ?という感じ。すごく楽しめました。3回プレイして、1位、2位、1位の好成績。ゲーム終了時の点数計算のときに逆転するのがキモチいい。

 「カタン」は今回は拡張パックを使用して最大6人まででプレイしました。マップが広くなるので資源が多めに収穫でき、4人プレイの時より交渉が活発になる印象。ちょっとプレイ時間が長くなりますが、にぎやかになってこれはこれですごくおもしろいなと思いました。

 プレイの合間に他のテーブルもまわって見たりしていましたが、見てて思ったのは、プレイするメンバーの中にそのゲームのおもしろさを理解している人がいるのといないのとでは、他の人の体験するおもしろさにも大きな影響があるということ。ゲームというのはルールがわかっているだけでは不十分で、そのおもしろさをきちんとガイドしてくれる人がいるとすごくいい。ゲームのおもしろさをすんなり理解できて、他の人にも教えてくれるような「伝道師」的なセンスのある人というのは大事なんだな、と思いました。
 「ナイアガラ」という、大きな賞もとっていてすごく有名なボードゲームがあるんですが、僕はそのゲームのおもしろさがいまいちつかめていないんですね。なんかいまいちツマらないなあー…と思ってるんです。でも、誰かそのおもしろさを理解している人とプレイしたら、まったく印象がかわるかもしれませんね。

 今回は、「ブラフ」をプレイしていたグループのひとつが、みんな頭に「?」の浮かんでいる状態でプレイしていて、あそこはもっとフォローしてあげるべきだったと、ちょっと反省。

 今回のボ会では、各ゲームで勝利するとそれぞれに設定されたポイントを得ることができ、そのポイント1位と2位が賞品チャンスゲームに挑むことができました。そのチャンスゲームとは、これ。

 「黒ヒゲ危機一髪」です。

 さらに3位以下の人は、1位か2位どちらかの応援をすることができ、応援している人が勝利するとその中からジャンケンで勝ったひとりが粗品をゲットできます。

 このゲームはかなり盛り上がり、結果、ポイント合計で1位だった上原くんが見事「ダイヤモンド」をゲット。応援団の勝者にも「ゴキブリポーカー」が手渡されました。

 学生から「またぜひボードゲーム会をやりたい」という声も多かったので、ここからまたボードゲームの輪が広がっていくといいなと思います。

 ぜひまた呼んでください。みなさんお疲れさまでしたー

ゲームソフトの所持本数が10本以下の人は殺人を起こす可能性が高いおそれがある

2008 年 3月 24 日 月曜日

ゲーム好き、1人で食事=高卒後はバイト暮らし−金川容疑者・土浦死傷事件(時事通信) – Yahoo!ニュース

部屋にはテレビゲームが10本、漫画本が100冊ぐらいあったという。男性と一緒に格闘技ゲームをした際、同容疑者が負けると機嫌が悪くなることがあったのが印象に残っているという。

 ゲーム10本って少なっ!ウチなんて100本以上あるよ!

 ゲームをやる本数が少ないから殺人なんて起こしてしまったのかも!?全殺人犯の中で、ゲームソフトの所持本数が10本以下の人がほとんどだったらどうしよう!?

 これからはゲームソフトを15本以上持ってるか聞いてから友達になるようにしないと!こわっ!

ピクセル看板

2008 年 3月 23 日 日曜日

 近所の公園に行って帰る途中、こんな看板を見つけました。

 よく見ると・・・

 文字がピクセル!

 酒屋さんのようですが、アンチエイリアスなど認めない骨太な品揃えが期待できますね。